第5回XPLANE CAFÉを開催

毎月開催の研究紹介イベント「XPLANE CAFÉ」の第5回を2021年8月21日に開催しました。
なお、今回は講演者のご厚意によりアーカイブ動画を一般公開しています。参加し損ねたという方はページ下部からご覧ください。

【登壇者】
清水 裕也 さん(パリサクレー大学 博士課程
発表タイトル:原子よりさらに小さい世界って?
内容:「この世の最小構成単位は何なのか?」なんて考えたことはありますか?そんな疑問に取り組んでいるのが「素粒子物理学」という学問です。
1.素粒子の世界、どこまで解明されている?
2.1兆円以上も投入して一体どんな実験をしている?
3.反物質って何?物質と反物質の対称性って?

西 真史 さん(中央ヨーロッパ大学 修士課程 2019/2021、ウィーン大学 修士課程(入学予定) 2021/2023
発表タイトル:原子力と放射能汚染を社会科学的に考える
内容:1.日本に関する研究を海外で行うこと
2.科学の社会性、社会の科学性(社会学・社会人類学・科学技術社会論で何が考えられる?)
3.「フクシマの魚」をどうとらえるか?

YouTube player
YouTube player

XPLANE CAFÉとは?
大学院留学とは切っても切れない「研究」に焦点をあて、現役の留学生あるいは留学経験者の方にご自身の研究をその分野の専門家以外でもわかるように紹介していただきます。通常の学会やセミナーよりもインフォーマルな雰囲気の中で、スピーカー・聴衆間での交流がしやすい会にしたいと考えています。これにより、受験生は「海外でどのような研究ができるのか」とイメージできるだけでなく、留学生あるいは留学経験者間でのネットワーキングができる場となればと思います。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる